子どもの興味・関心を大切にする保育

本幼稚園は昭和41年に設立、設置者籾山ハマが神奈川県より私立幼稚園認可を受け、現理事長籾山 宣によって設立いたしました。当時の園舎は木造づくりでしたが、園周辺は野畑で広い園庭と一面芝生の自然豊かな環境でした。昭和56年2期鉄骨園舎増築・昭和62年4月学校法人籾山学園関東幼稚園に生まれ変わると同時に鉄筋コンクリート造りの新園舎完成・平成18年2期新園舎及び大ホール完成に至りました。
平成元年前園長籾山 宣は園長を退任し理事長に就任され、後任園長に籾山恭子が就任しました。
籾山恭子は園長就任後、子どもの「育ち」の重要性を鑑み、幼児教育に関心を持ち、実践しつつ保育理念を醸成していました。



出会ったのが「マリア・モンテッソーリ」の教育理念でした。
特に医者であるモンテッソーリが教育者になるキッカケに共鳴したからです。
大人がどんな状態にあっても子どもは別の世界に夢中になり、共鳴でき集中できることが大事であり、それが子どもの成長に繋がるということに気付きました。

「モンテッソーリ教育」には子どもが自立するための、
子どもが生きる力を育むために用意されることが必要です。
しかし、その方法全てを導入するとは考えておりません。方法論だけに固執してしまうと、管理するためだけになってしまい、本当に大事な「子どものため」という思いから外れてしまうからです。

私は「子どものために」という方向性を大事に、柔軟な姿勢で職員一同で子どもへ関わっていきたいと思います。方法はいろいろ考えられます。

当園での大事にすることは
「子どもの興味・関心の育みを守る」ということです。
子どもの自発性、主体性を信じて、意欲を引き出し、実現することが出来る体験・経験を環境として用意しています。

それは園の活動における、先生との関わりを通して、お友達との関わりを通して、自然との触れ合いを通してなどあらゆる場面において大事にしていることです。

子どもたちには幼児期にふさわしい、子どもの意欲を満たしてあげることが出来る様に関わりを持ち続けることが大事だと思って実践しています。

関東幼稚園の保育方針 ~三つの教育~

 心の発達を大切にする教育

 身体の発達を大切にする教育

 個々の個性の発達を大切にする教育

自立・自立を守る関わり

子どもたちには
「やりたいという気持ちを芽生えさせ、ひとりでできるようになるために手助けをする。」
このことを感じ取れるように自然な形で関わり合いを持っています。

まずは「自分で立つ事」。

まずは、自分で何が出来るのかをしっかりと認識させてあげることが大切です。
これを認識できる様になってきたら、次に友達との関わり合いの中でのルールづくり。
つまり友だちと仲良く遊ぶために「やって良いこと。悪いこと。守らなくてはいけないこと。我慢することってなに?」などについて一緒に考えながらルールづくりができるように手助けします。

「自分を律すること」

次に自分を律することができるためには、自立の力が必要になってきます。
自分のやりたいことを実現できる環境の用意はしてありますが、それを実現するには周りとのルールがあります。
例えばおもちゃで遊びたいと思っていても、おもちゃが一つしかない場合には待たなくてなりませんし、教具を使う場合には特に手を洗って清潔にしてからでないと使ってはいけないという約束があります。
それはみんなのものであり、みんなで使うものだからなのです。
そのためにも「自立」と「自律」の二つが基礎となる「社会性」を身に付けさせていくことが重要となってきます。
教職員一同、地域の皆様のご支援・ご協力を頂きながら、子どもたちが興味・関心を持ち続けることが出来るように、常日ごろから関わり合いの中で、純粋で素直な子どもたちの心・姿を育み、守っていくことが大切だと考えています。

モンテッソーリ教育5つの分野

モンテッソーリの教育は、5つの教育に分かれています。
(下記リンクをご参照願います。)
1.日常生活教育
2.感覚教育
3.数の教育
4.言語教育
5.文化教育
以上となります。