園からのお知らせ

小学校って楽しいね! 瀬谷第二小学校に行きました。

2017年01月27日

P1250091 P1250090 P1250089 P1250088 P1250087 P1250086 P1250085 P1250084 P1250083 P1250082 P1250081 P1250080 P1250079 P1250077 P1250076 P1250075 P1250074 P1250073 P1250072 P1250071 P1250070 P1250069 P1250068 P1250067 P1250066 P1250065 P1250064 P1250063 P1250062 P1250061 P1250060 P1250059 P1250058 P1250057 P1250056 P1250055 P1250054 P1250053 P1250052 P1250051 P1250050 P1250049 P1250048 P1250047 P1250043 P1250038 P1250036 P1250035 P1250033 P1250032 P1250031 P1250029

年長組さんが瀬谷第二小学校と交流活動を行いました。

小学校就学への期待を年長さんに持たせることが幼稚園にとっての目的です。

瀬谷第二小学校の側にも目的がございます。それは、自分より年齢の下のお友達との交流において、子供たちにリーダーシップをとらせることにあるように思います。

この活動を通じて、小学生の生徒は「他人に物事を伝えることの難しさ」に気づくことができるように思います。

他人に物を教えわかっててもらうためには、相手の立場に自分がなることが必要となってきます。

これは、大変難しことです。

年長さんにとっても、小学生にとっても大変有用な経験になったのではと思いました。

 

 

 

カテゴリ:園児の様子

作品展に向けて クレヨンによるデザイン画 年中組

2017年01月27日

P1190022 P1190021 P1190020 P1190019 P1190018 P1190017 P1190016P1190022

[クレヨンを使って色の帯をつくり、それを短冊状に切り交互にずらすことでデザイン画をつくる]という製作を園長の指導の下に行いました。

このデザイン画製作のポイントは、15色あるクレヨンを自由な順番で縞模様に塗り分けるということでした。

年中さんにとっては、一枚の紙をすべて塗り分け完成させることが大変な作業です。

作品を完成させようと、懸命に取り組んでいました。

大変上手によくがんばりました。作品展をお楽しみに。

カテゴリ:園児の様子

作品の製作から子供が学ぶこと

2017年01月27日

 新年が明けて、またたく間に早一か月が過ぎようとしております。寒さは、これんらが本番を迎えますし、感染症(インフルエンザ等)のリスクも高くなってきます。ご家庭では、感染症の予防策は実行されていますか?

幼稚園では、感染症予防対策としてこどもたちに「手洗い・うがい」の励行を指導しております。「手洗い」は、感染症予防対策の基本中の基本ですし、「うがい」は日本独自の感染症予防の生活習慣です。

 どうぞご家庭でも外から帰った後や食事の前には、必ず「手洗い・うがい」を行うように習慣化させてあげて下さい。

 現在、園では、2月19日(日)の作品展に向けて絵画制作や色々な作品制作に取り組んでいます。製作の基本は、はさみを使っり、糊やセロハンテープを使うなど指先を使うことです。幼稚園では、子供たちの最も大切な目と手を動かす協応運動能力を養うため、造形活動の指導と創造性を育てるための活動を取り入れた各種製作の指導を行っております。

 製作する作品の中には、時間がかかるものもあります。そのため、子供たちが集中する時間も長くなります。完成までに時間を要する作品の製作では、じっくりと取り組むことから゛根気”が養われると共に子供たちの大きな

゛自律”につながります。そして作品が、完成した時には、大きな達成感や成就感が得られるばかりか、自分たちで作り上げた作品に゛誇り”を感じて゛次の活動への意欲゛が芽生えてきます。

 この作品製作は、様々な素材・材料を使うため、子供たちに想像力や創造力を発揮させる良い機会となり、また、ものを切ったりはったりしながら、色や材質、形状などの素材のもつ力や固さなどを知るため、色彩感覚やデザインする力が育ちます。そして工夫して製作することで創造性と細かな作業を通じて手先の器用さも培われます。

 子供によって゛興味、関心”は異なります。そのため、子供たち一人ひとりの興味関心が何なのか見極めることか゛大切です。私たち大人の役割として、子供が興味関心を示したことは、もちろんのこと、興味を持つ可能性のある教材を与えることも大切だと考えています。

 園では、子供たち一人ひとりが、何に興味を持つか常に考え、保育をしておりますが、どうぞご家庭でもご自分のお子さんが何に興味を持っているのか関心を払っていただき、少しずつ少しずつ伸ばしていただければと思います。そしてその過程において誉めてあげて下さい。この゛誉める”ことが、子供の自信にとなり、心と体の成長となります。

                                  園長  籾山 恭子

 

カテゴリ:青い鳥通信

作品展にむけて 年長組  ステンドグラス

2017年01月18日

P1180015 P1180014 P1180013 P1180012 P1180011 P1180010 P1180009 P1180008 P1180007 P1180006 P1180005 P1180004 P1180003 P1180002 P1180001

作品展に向けて子供たちが作品を作り始めました。

年長組さんの作品の一つはステンドグラスです。

園長先生が直接指導してくださいました。

最初に、黒い画用紙でテレビの枠のようなものを作ります。

次に黒い細い棒をいろいろな長さに切り、テレビの枠のようなものの中を埋めていきます。

さらに、作った枠をいろいろな色のセロハン紙で埋めていきます。

いろいろな方法で完成させようと試みる子供がいました。

一つの枠をいろいろな色のセロハンで細かく区切り、様々な色を使いたいお友達。

反対に大きなセロハン紙を直接貼り付け、色のバリエーションは少なくしたいお友達。

どのような方法で行ったとしても、実はこれを仕上げることは子供たちにとって根気が要る作業なのです。

作品を完成させるのに2時間半。最期まで作品を作り上げました。

完成させるのは大変だったけれど、仕上がった自分の作品を窓ガラスにあてて、うれしそうにしているこどもたちを目に致しました。

早く終わったお友達は、まだ終わらないお友達がセロハンを貼るためのセロテープを先生が用意するのを、手伝ってくれました。

それぞれのこどもたちの個性が作品に大きく反映されています。

作品展には展示致します。楽しみにしていてください。

 

カテゴリ:園児の様子

おもちつき いい匂いがしました。

2017年01月16日

P1130162P1130164 P1130163P1130044P1130045P1130046P1130047P1130048P1130049P1130052 P1130051 P1130050P1130056 P1130055 P1130054 P1130053P1130066

たんぽぽ すみれ組の餅つきの様子

P1130065P1130091P1130090P1130089P1130088P1130087P1130086P1130085P1130084P1130083P1130082P1130081P1130080P1130079P1130078P1130077P1130076P1130075P1130074P1130073P1130072P1130071P1130070P1130069P1130068P1130067P1130066P1130065P1130064

ちゅうりっぷ1くみ 2くみの餅つきの様子

P1130119 P1130118 P1130117 P1130116 P1130115 P1130114 P1130113 P1130112 P1130111 P1130110 P1130109 P1130108 P1130107 P1130106 P1130105 P1130104 P1130103 P1130102 P1130101 P1130100 P1130099 P1130098 P1130097 P1130096 P1130095 P1130094 P1130093

ひまわりくみの 餅つきの様子

P1130123 P1130122 P1130121 P1130120 P1130119P1130124 P1130161 P1130160 P1130159 P1130158 P1130157 P1130156 P1130155 P1130154 P1130153 P1130152 P1130151 P1130150 P1130149 P1130148 P1130147 P1130146 P1130145 P1130144 P1130143 P1130142 P1130141 P1130140 P1130139 P1130138 P1130137 P1130136 P1130135 P1130134 P1130133 P1130132 P1130131 P1130130 P1130129 P1130128 P1130127 P1130126 P1130125

お昼にクラスでおもちをお吸い物に入れて食べました。

P1130162

ついたお餅は、鏡餅のような形にして、モンテッソーリのへやで絵本をみせながら教材で使います。

P1130163P1130164

 

朝より教室から「もちつき」の歌が幼稚園いっぱいにひびいていました。

クラスで先生と餅つきの歌を歌い、餅つきへのこどもたちの期待をふくらませていきます。

今回[ノロウィルスの流行]の影響もあり、子供たちの安全を守るため、ついたお餅は食べませんでした。

給食業者で既に作られたお餅をお雑煮にして食べました。

モンテッソーリのへやでもこどもたちとお餅つきについてお話をしたいと思います。

 

 

 

 

カテゴリ:園児の様子

昔あそび 楽しかったね。

2017年01月15日

P1120002P1120037 P1120036 P1120035 P1120034 P1120032 P1120031 P1120030 P1120029 P1120022 P1120021 P1120020 P1120019 P1120018 P1120017 P1120016 P1120015 P1120013 P1120012 P1120011 P1120010 P1120004 P1120009 P1120008 P1120007 P1120006 P1120004 P1120003

こままわし、羽子板、けん玉、ヨーヨー、かるたとり。

どれも普段は子供たちが触れ合うことのない遊びです。

「ゲームが普及し、このようなアナログの遊びなんて」という方もいるかもしれません。

しかし、ご家庭でも是非お子さんとやってみて下さい。

時間を忘れて何度も繰り返した子供時代を思い出しませんか?

[実際に本物に触れ、それを使い、手先と体を使って遊ぶ]という遊びは、最近子供たちの中では少なくなってしまいました。

上手にやれるようになるためには子供なりに繰り返しながら、「どうしたらうまくいくか?」と試行錯誤しながら遊びます。

ただ、作られたゲームの流れに身を任せるのみではなく、{自分で考えて遊ぶ}という、決まった形のゲームの中にはない経験多くしてもらいたいです。

私たちも、{自分で考え方向性を決めるゲーム}の大切さを見直し、もっと子供の遊びの中に取り入れるようにこころがけなければと感じました。

 

 

カテゴリ:園児の様子

就学までに身につけさせたい5つの習慣

2017年01月11日

新年あけましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 さて、1月10日(火)からは3学期が始まります。この期はとても短くて、あっという間に過ぎてしまいます。このため担任、職員共に「各学年の総仕上げ」と「思い出多き学期」にしていきたいと考えておりますので、保護者各位におかれましてもご理解ご協力を賜りますようにお願い申しあげます。

1 元気にあいさつしましょう。

 あいさつは、すべてに通じる基本です。園では、年少児も、年中児も、年長児もみんな元気に挨拶してくれます。朝は「おはよう」、当番さんは「おねがいします」、何かやってもらったら「ありがとう」、お帰りは、「さようなら」と元気一杯です。

 でも就学前の年長組のみんなには、「+ございます。」等の丁寧語を学んでもらいたいと考えております。

 もうすぐ小学校1年生のお兄さん、お姉さんになるのですから「おはようございます。」「ありがとうございます。」は当たり前ですよね。

2 1時限(45分間)座れるようになろう。

 小学校では、時間割で授業が組まれ、1時限45分間椅子に座るようになります。園では、年長児の保育でも同じような体験をさせるようにしております。20~30分位は殆んどの子どもは集中できるのですが、まだまだ慣れない子もおりますので、少しずつ時間を伸ばしながら45分間に慣れるように体験を重ねさせていきたいと思います。

3 「ひらがな」が読めるように、「自分の名前」が書けるようになろう。

 これは文字の学習になりますが、「ひらがな」は就学前までに読めるようにしておくことが大切です。書くことについては、正しい鉛筆の持ち方と書き順で、自分の名前が書けるように教えていただければと思います。

 この時大切なことは、無理に教え込まないようにすることです。絵本などの好きな本の文字を見せながら読んであげることで、「このじなに?なんてよむの?」って興味を持たせるようにして下さい。とにかく、文字に興味を持たせてあげることが肝要ですので、毎日少しずつ書き方の練習をさせて、文字が書ける喜びを感じさせてあげて下さい。

4「数の数え方」「数の書き方」も出来るようになろう。

 数の数え方と数の書き方も同じですので、飽きないいように工夫しながら、できれば「数」についての指導は、ただ唱えるだけではなく、「物」と「数」とが一致できるように教えてあげて下さい。

5 小学校で何やるの?などの子供の疑問にはわかり易く答えてあげよう。

 小学校って何やるところ?子供たちは不安と期待でいっぱいになります。日頃から子供たちの質問にはわかり易くお話させていただいておりますが、ご自宅でも興味関心を示すことがありましたら、その場でお話ししてあげて頂きたいと思います。

 一番大切なことは、「小学校は楽しいところ」だよ。と期待を持たせてあげることですのでよろしくお願いします。

 

 

 

カテゴリ:青い鳥通信

始業式 元気な笑顔で登園してくれました

2017年01月11日

p1101802p1101794p1101798p1101801p1101796p1101799p1101803

あけましておめでとうございます。今年も職員一同、子供の笑顔のために心をこめて当たらせていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。

昨年、桑原先生が突然ご逝去されて、幼稚園は、大切な先生を失った悲しみでいっぱいです。

さらに何よりも心配なのは、すみれ組のこどもたちです。

子供たちが、桑原先生が突然いらっしゃられなくなったことをどのように解釈してすごしていくのか、又それをどのように私たちがフォローしていくべきなのかを職員一同考えました。

結果、事務でも慣れ親しんだ、阿部友美先生に桑原先生の後任にあたって頂き、子供たちが安心して幼稚園での生活を楽しめるように促していくということに決まりました。

阿部友美先生は、当園の事務で長年勤められ、子供たちにも人気のあるベテラン先生です。安心できる幼稚園での生活を保障致します。

事務のほうは、教員歴の長い菅原先生、坂本先生がメインで担当致します。

ご理解ご協力お願い致します。

 

お正月もおわり、子供たちの笑顔が幼稚園に戻ってきました。

今年も、子供たちが多くの楽しい発見をし、笑顔いっぱいの幼稚園にしてしていけるように、私たちも努力してまいります。

 

 

 

 

カテゴリ:園児の様子


  • 入園案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ