園からのお知らせ

宿泊保育(年長組)

2018年07月27日

楽しみにしていたお泊り保育!

出発からソレイユ、上郷「森の家」までの様子です。

みんな、嬉しそうに生き生きしていますね。

友だちや先生と過ごしたこの二日間、きっと心に大きく残る事でしょう。

保護者の皆様もご協力、ありがとうございました。

 

P7260638 P7260639 P7260640 P7260641 P7260643 P7260645 P7260648 P7260649 IMG_0661 IMG_0663 IMG_0664 IMG_0666 IMG_0667 IMG_0682 IMG_0684 IMG_0691 IMG_0692 IMG_0694 IMG_0695 IMG_0697 IMG_0701 IMG_0702 IMG_0704 IMG_0705 IMG_0707 IMG_0710 IMG_0711 IMG_0712 IMG_0726 IMG_0729 IMG_0740 IMG_0741 IMG_0742 IMG_0743 IMG_0744 IMG_0746 IMG_0747 IMG_0748

カテゴリ:園児の様子

青い鳥 夏休み号

2018年07月20日

青 い 鳥

〔夏休み号〕

 

楽しい「夏休み」を過ごすために!

 

楽しい夏休みがやってきます。この「夏」には、プールに行ったり、山に行ったり、お友だちのお家に行ったりと楽しいことがいっぱい詰まっています。だから新しいことにチャレンジできるチャンスもたくさんあるんですね。

《食べて・寝て・起きる》という誰もが毎日繰り返している生活。

このパターンの基本となっているリズムは、きちんとしていれば、子どもの成長や発達に大きな影響を与えます。だから、幼児期の生活リズムがきちんと整った生活を送ったか乱れた生活を送ったかで、小学校に入ってからの能力や行動に影響を及ぼすと言われております。

 

 

なぜ、「生活リズム」が大切なのでしょうか?

 

人の体温は、朝が一番低く、徐々に上昇してきます。午後3時から午後5時ぐらいが、体温のピークを迎え、それから夜にかけて下がり、朝を迎えます。ところが、生まれたばかりの赤ちゃんでは、1日中体温の高い状態が続きます。

そして、3才頃から体温機能が整ってきますので、この時期に生体リズムを整えておく必要があります。幼児期は、体機能の発達にとって大切な時期です。生体リズムが整わないと自立神経が正しく発達しません。そのため小学校に上がった頃から注意散漫となり授業に集中できず、直ぐに怒る。いわゆるキレ易いといわれる子どもになっていきます。このキレ易いといわれる子どもは、自立神経が正しく機能していないことが原因だといわれているのです。

しつけは、「早寝・早起き」が基本です。

 

幼児期の5・6歳は、自分の体をコントロールできるようになってくる時期です。いろいろな運動を経験しておくことで、運動神経の発達に良い影響を与えることができます。

そのためには、2人から3人のグループでの遊び、或いは、大人を相手とした遊び、大人数での様々な遊びを工夫することによって自然とルールができてきます。このような遊びを通じて社会性も同時に学ぶことができます。

遊びの中で危険を回避することを覚え、転んだ時にどうやって手をついたらよいか、どのように体を動かしたらバランスが取れるのかなど、体で覚えていくことができるのです。

夏休みは、生活習慣が乱れがちになるときです。家族一緒に外で元気に遊ぶことも大切ですが、何よりも大切なことは、質の良い睡眠をしっかり取ることを心がけることなのです。

そのためには早寝・早起きが何よりも大切なことだといえます。普段の時期なら習慣とすることは難しいかもしれませんが、夏休みだからこそ出来る事ことも多いと考えられますので、是非とも習慣化していただければと思います。

 

園 長 籾山 恭子

 

カテゴリ:青い鳥通信

青い鳥 7月号

2018年07月20日

青 い 鳥  

〔7 月 号〕

約束を守ることの大切さ!

~モンテッソーリ指導の中で~

 

手を洗う→靴を揃えて脱いで部屋に入る→ありさんの声でお話をする→自分のやりたい教具を順番に使う→最後に元通りに片づける

以上の一連の約束は、モンテッソーリの活動をする前に決められたものです。

子どもたちは、いつも部屋で約束をしてから、また改めて活動の前に自分たちで発表します。

そして、自分の好きな教具にすぐ行き、活動が始まります。前もって、今日は「これやろうかな」という思いがあると思われます。

自分で決めたものは、他のお友だちのことは気にしません。

一生懸命自分なりに行っているようです。

その真剣な態度は、自分で教具を選んだという「子どもなりの自信」があります。あらかじめ自分で今日は「これをやろう」と思っているのです。

時間がまだある場合は、別の教具に取りかかろうとしていますが、その教具の回りで別の人が使っている場合は、声をかけて待っているようです。

特に人気のある教具は、何人も待っています。ここでも自分で、教具を

自分で選びます。

この待っているということの大切な約束がありますので、待っていることも楽しみのうちに活動になり、これも大切な教育です。

時間になると次の回に期待を持ちながら、皆であいさつして終了です。

一連の活動の中に約束を守るという最も大切なこの時期の活動を楽しみながら子どもの心の中に刻み込まれて身になっていくと思われます。

自分で自分のやりたいことを選んで行う楽しさ・心の解放を得ることが出来ます。

ご家庭においても子どもの自主性を尊重して、心の解放にご協力いただける機会を作って欲しいと思います。

 

園 長  籾 山 恭  子

カテゴリ:青い鳥通信

1学期 終業式

2018年07月19日

今日は、1学期終業式!

1学期間、みんな!よくがんばって登園しましたね。

新入園児のお友だちも、すっかり幼稚園に慣れて、

先生や友達と仲良くなりました。

 

明日からは夏休みです。

3日間、園開放がありますので、ぜひ遊びに来て下さい。

(10時から15時までの3時間です!)

詳しくは、この夏休みのしおりに載っていますので、

ご覧ください!

 

園長先生からは、夏休みの諸注意がありました。

みんな、大きく返事をしていましたね。

 

また、2学期に元気に一回り大きくなって会いましょう!

 

 

 

P7190632 P7190625 P7190627 P7190628

カテゴリ:園からのお知らせ 園児の様子

収穫した夏野菜!

2018年07月17日

年長組が植えた枝豆ときゅうりが、この夏、収穫できました。

子どもたちは、まるで初めて野菜を食べたかのように、「おいしい!もっと食べたい!」と舌鼓を打っていました。

今度は、何を食べようかな?楽しみですね!

 

IMG_4032 IMG_4033 IMG_4036 IMG_4037 IMG_4038 IMG_4039 IMG_4040 IMG_4042 IMG_4043  IMG_4044

カテゴリ:園児の様子

中国内モンゴル小鴻燕芸術団との文化交流

2018年07月13日

今日は、モンゴルの子ども達が、関東幼稚園に遊びに来てくれました。

文化交流として、踊りを見せてくれたり、各お部屋や園庭で遊んだりしました。

言葉は通じなくても、子どもたちは、可愛らしい笑顔で、心を通わせ楽しく過ごせていました。

最後は、「シェイシェイ~♪」といってお別れをしました。

 

P7130564 P7130568 P7130574 P7130585 P7130590 P7130596 P7130597 P7130601 P7130603 P7130606 P7130609

P7130618 P7130616 P7130613

カテゴリ:園からのお知らせ


  • 入園案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ